ドイツ語の初心者向けの参考書はあるけれど

勉強法

ドイツ語を勉強するに当たり初心者向けの参考書もいろいろ見ました。優れた参考書もいろいろあって、それぞれ特徴も違ったり参考になる本もありました。

ただ一冊一冊は優れているんですが断片的というか総合的な力が身に付くかというと残念ながら難しい気がしてしまいます。

それに複数のドイツ語の参考書を買って揃えてみても結果的に「二兎を追う者は一兎をも得ず」、じゃありませんがどれも中途半端に終わる可能性もあると思います。

何と言っても時間がかかってしまいますよね。「文法」「単語」「リスニング」など買いたくなってしまうんですね最初は意識が高いですから。

よくあるんですよね、本屋に行くと誘惑が、「文法はこの本が良さそう」「リスニングはこの本かな」「こっちの本もいい」「これ分かり易そうだ」「この本はイラストが気に入った(笑)」・・購入意欲を刺激されます。

参考書に限らず、ドイツ語初心者の人に良さそうな教材などあれば紹介していきたいと思います。

初めて1つの外国語を学ぼうと思う時、勉強方法に迷います。

ただドイツ語は単語は英語に近く、(むしろ英語より読みやすい)取り組みやすい外国語と言えます。文法も難しく思われますが慣れるとドイツ語は論理的な言葉で法則にしたがっているので日本人に向いています。

あなたが初心者であれば英語の知識を利用して総合的に学べる方法で勉強するのが上達の近道だと思います。

タイトルとURLをコピーしました